top of page

イベント「レンズを通して仏と向き合う」を開催します!

更新日:2021年9月21日


仏像写真の老舗・飛鳥園、そして奈良国立博物館のカメラマンとして、数多くの仏像と向き合ってきた写真家・佐々木香輔さんを招いた講座&ワークショップイベントを7月18日(日)午後2時~3時半に開催します。


仏像の撮影を通じて佐々木さんが感じた「仏を写す」という難しさ、また撮影時のエピソードなどについてお話いただきます。また、参加者の皆さんから「つなぐ」をテーマにお写真を送っていただき、佐々木さんがいくつかをピックアップして講評をするワークショップのコーナーも。優秀作品には佐々木さんからのプレゼントもあります。

※ワークショップへのご参加は任意です。お写真をお送りいただかなくても受講できます。


写真にご興味のある方、 また仏像がお好きな方、ご一緒に「仏像撮影」の深遠な世界をのぞいてみましょう!


毎日文化センターとの連携イベントで、文化センター(大阪・梅田)の教室での受講、オンラインでの受講、いずれも可能です。


教室での受講をご希望の方はお電話(06・6346・8700)もしくは毎日文化センターのHP、オンラインでの受講はこちらのサイトからお申し込みください。



《日時》

2021年7月18日(日)14:00~15:30

※13:45から入室可能。Zoom利用にご不安がある方は、早めに入室してお待ちください

会 場:オンライン(「Zoom」)

定 員:35人(会場) 100人(オンライン)

料 金: 1800円(会場、オンラインいずれも)

申込締切:7月16日

主 催:「つなぐ寺」プロジェクト(毎日新聞社)×毎日文化センター

※オンラインご参加の方には、お申し込み後メールにてZoomの参加用URLをお知らせします。



《講師紹介》

佐々木香輔(ささき・きょうすけ)さん


1985年、仙台市出身。日本大学芸術学部写真学科卒業後、仏像・文化財写真、美術出版を専門とする株式会社「飛鳥園」(奈良市)に入社。代表だった故・小川光三さんに師事する。2009年に奈良国立博物館の専属写真技師となり、展覧会図録などのため数々の仏像を撮影する。20年春に独立し「青々」の屋号で活動を開始。

文化財撮影以外にも、現代写真の作家としても活動している。

18年 キヤノン主催「写真新世紀 2018年度」で優秀賞を受賞

20年 リクルート主催「第22回写真 1_WALL」コンペティション ファイナリスト





《講座内容》

14:00~14:30 佐々木さんトーク

これまでの仏像撮影秘話、仏像撮影のコツなど

14:30~15:20 ワークショップ

参加者のお写真を佐々木さんが講評します。また優秀作品を選んで発表します。

15:20~15:30 質疑応答

佐々木さんへのご質問を受け付けます。

※お申し込み時にご質問をお書きいただきますが、イベント当日にも時間が許せば「Q&A」「チャット」にてご質問いただけます。時間の都合上、全ての質問にはお答えできませんのでご了承ください。


《ワークショップへのご参加》

イベント中、参加者からお寄せいただいた写真に佐々木さんが講評を加え、優秀作品にプレゼントを贈るワークショップを開催します。事前に、つなぐ寺事務局までメールでお送りいただきます。本格的なカメラではなくスマートフォンなど撮影したお写真も大歓迎です。ふるってご応募ください!


テーマ:つなぐ

拡張子:JPEGファイル

容量:可能な限り2メガバイト以内

送り先:つなぐ寺事務局(tsunagu-dera@mainichi.co.jp)

体裁:メールのタイトルを「佐々木さんワークショップ写真送付」とし、本文には「お名前」「撮影状況」「写真に込めた思い」を可能な範囲でお書きください。

締切:7月16日

※お写真はイベント中にご紹介することがあります。

※ワークショップの写真をお送りいただかなくても講座へのご参加は可能です。

閲覧数:402回0件のコメント

Comments


bottom of page